1. ホーム
  2. 知りたい
  3. 妊娠〜出産まで(子育て便利帳)

知りたい

妊娠〜出産まで(子育て便利帳)

妊娠は喜びの第一歩。八尾市ではさまざまなサポート体制を用意しています。

「母子健康手帳」の交付を受けましょう

母子健康手帳は、妊娠期からの母と子の健康を記録するもので、予防接種や健診などに必要です。妊娠したら必ず、母子健康手帳の交付を受けましょう。

費用 無料
交付場所 保健センター、各出張所、市役所(市民課)
  • ※保健センターでは、交付時に保健師が子育ての情報などを紹介しています。
  • ※希望者には、父親用パンフレット・マタニティマークのキーホルダーをお渡ししています。
  • ※中国語版・ベトナム語版・英語版など母子健康手帳の交付については、保健センターへお問い合わせください。

妊婦健康診査

母子健康手帳と同時交付する受診券により、府内の委託医療機関(助産所含む)で14回健康診査を受けることができます。

  • ※転入された場合などは、必ず保健センターで八尾市の受診券の交付を受けてください。
  • ※妊婦健康診査を府外で(受診券を使わずに)受診された方には、償還払いをしていますので、保健センターへお問い合わせください。

ママパパ(両親)教室

妊娠中や出産前後の過ごし方、育児について一緒に考える教室です。保健センターに申し込んでください。

会場 保健センター
費用 無料

妊産婦・新生児・乳幼児訪問指導・未熟児訪問指導

妊娠・出産・育児に不安がある人や未熟児で出生した人を助産師または保健師が訪問して、相談に応じます。(未熟児訪問指導は平成25年度大阪府より移譲)

申込方法 母子健康手帳と同時に配布した「妊産婦保健指導連絡票」または「出生連絡票(新生児訪問依頼票)」または「低体重児出生届」(体重が2,500g未満で出産した場合)を保健センターに送ってください。助産師または保健師が家庭訪問します。
費用 無料
  • ※妊産婦や新生児・乳幼児の相談は保健センターで随時行っていますので、気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ 健康まちづくり部 保健センター
電話072-993-8600 FAX072-996-1598

助産施設への入所制度(助産制度)

ご家庭の経済的な理由により出産費用の負担が困難な妊婦の方に、安心して出産していただくために、出産に必要な費用の一部を助成します。
ご利用にあたっては、助産施設として登録のある医療機関で分娩予約をしていただいた上で、出産前までに子育て支援課への申請が必要です。

対象 生活保護受給世帯・市民税非課税世帯
  • ※市民税非課税世帯には負担金の納入が義務付けられています。詳しくは、子育て支援課までお問い合わせください。
お問い合わせ こども未来部 子育て支援課
電話072-924-3954 FAX072-924-9548

子育てパートナー派遣

妊娠中または出産後に子育てに関して不安や悩みを抱えている家庭に子育てパートナーが訪問し、相談・アドバイスなどを行います。子育てに関する情報提供も受けられます。

対象 妊娠期または出産後など、子育てに関して不安や悩みを抱える家庭
利用料 無料
  • ※派遣を希望される方は、事前に申し込みが必要です。

このページの先頭へ