1. ホーム
  2. イベントレポート
  3. 八尾図書館~ちびっこおはなし会スペシャル「親子で楽しむ えほんとわらべうた」~

イベントレポート

八尾図書館~ちびっこおはなし会スペシャル「親子で楽しむ えほんとわらべうた」~

2019年3月22日

誰の心にも一冊はある、「思い出の絵本」。
八尾図書館は"本との出会いの場作り"を応援するイベントがたくさん開催されています。
今回は絵本研究家の岩出景子先生をお招きして開催した、「ちびっこおはなし会スペシャル~親子で楽しむ えほんとわらべうた」をレポートします!

開催日:2019年2月8日
時間:10:30~11:10
場所:八尾図書館

講師プロフィール

絵本研究家 岩出景子先生(野の花文庫)

子どもたちとたくさんの本との出会いを願って、「大人も子どもも自由に本を読んだり読み聞かせを聞いたりできる場」として、岩出先生はご自宅を「野の花文庫」として約40年開放されているそうです。大人と子どものふれ合いを大切にされる岩出先生だからこそ作り出せるあたたかな空間には、誰もが魅了されてしまいます。

event190208_001.jpg

心地よいわらべうたでリラックス

この日は人気講師の岩出先生のイベントということもあり、39組もの親子が参加されていました。

「ゆすって ゆすって ゆすらうめ~♪」

さあ、先生の優しい歌声のわらべうたに乗せておはなし会の始まりです。
わらべうたとは、昔から歌い継がれる遊びの動作を伴った子ども向けのうたのこと。
はじめは、ゆすらうめのうたに合わせて、ママといっしょにゆらゆら動きをしたり、頭もなでてもらったりします。
頭をなでてもらっている子どもたちの表情をみてみると、ニコニコ。
パパやママに触れてもらえることがとってもうれしいようです。

「かっくう かっくう かくれんぼ 茶碗におたふく つっぺら ぽーん!」

ゆすらうめのあとも、次々とたくさんのわらべうたが飛び出します。
隣のおともだちと一緒に楽しむわらべうたもあり、楽しい笑い声で会場はどんどん賑やかになっていきました。

event190208_002.jpg

子どもも大人も一緒に楽しめる、豊かな絵本の世界

わらべうたで心と体がほぐれたら、絵本「むくむくもごもご」を読んでもらいます。
この絵本は、セーターの中で動いている動物が次々に顔を出していくお話。

「中で動いているのは だあれ?」

ばあ!と顔を出した動物たちに合わせて、ママと一緒に手や足をバタバタ!
子どもたちは楽しい絵本に夢中です。

次は、「たまごのえほん」の登場です。
これは、いろんな形のたまごから次々に動物たちが生まれてくるお話。
何が出てくるのかな?とみんな興味津々、身を乗り出してお話を聴いていました。

岩出先生の優しい語り口は、大人の私たちも絵本を読んでもらっているような気分にしてくれ、自然と優しい気持ちが湧いてきます。こんな風に大人にも、時には童心に返る瞬間が必要なのかもしれません。

event190208_003.jpg

「最近は作者の遊び心が満載の、おもしろい絵本が増えました。作者の描いていることをどう読んでいくか。作者の細かいこだわりなどを"子どもと同じ目線"で、一緒に楽しみながら、おうちでも絵本を読んでみてほしいです。いろんな発見があって楽しいですよ~!」

見る、聞く、触れる等、五感を育てるコミュニケーションが大切です

今度は、先生から子どもたちへ手作りのお手玉が手渡されます。

event190208_009.jpg

お手玉を受け取ったら、お手玉をおもちに見立てて、 

「ぺったら ぺったん もちつけもちつけ もちつけた♪」

パパ・ママに手のひらをトントン、ころころ、と刺激してもらいます。
こうすることで子どもたちの感覚機能が少しずつ育っていくのだとか。

このあとも、お花や山登りのわらべうたに合わせて、抱きしめてもらったり、こちょこちょしてもらったり、なでなでしてもらったり。親子でたくさんふれあいました。

event190208_005.jpg

「しっかり子どもの顔を見ながらやってあげてください」と岩出先生は言います。
パパ・ママとの密度の濃い時間に、子どもたちはとっても満足気でした。

event190208_007.jpg

季節に合わせたわらべうたもいっぱい。うたいながら日本の四季の良さをふと感じます。

最後はみんなで丸くなって、「さよならあんころもち またきなこ♪」

最後は、さよならあんころもちのわらべうたに乗せてお別れのごあいさつです
 
「さようなら あんころもち またきな~こ♪」

おみやげ用のあんころもちをつくってポッケに入れたらおしまい。

event190208_008.jpg

「子育てはやっぱり1人ではできないもの。だからこそ1人でも2人でもいい、相談相手や居場所を作ることがとても大事です。イベントなどを機会に一歩外に出てみれば、意外にたくさんの"出会い"があるかもしれませんよ。」と岩出先生。

岩出先生に教わる絵本とわらべうたの世界は、あたたかく優しいものでした。
みなさんもぜひ、この空間に触れてみませんか。

参加者の声

  • 今日は知らない遊びを教えてもらって楽しかったです。簡単にできる遊びも多かったので、家でもぜひやってみたいと思います。
  • 八尾市のこういったイベントには色々参加しています。今日は特別講師の方が来られるから勉強になると思って来ました。予想を超えて、楽しかったです。
  • 私も子どもも歌や絵本が好きなので来ました。子どもが集中して聞いてくれてよかった。私もいっぱい一緒に遊べて楽しかったです。

ページの先頭へ

このページの先頭へ