1. ホーム
  2. イベントレポート
  3. 八尾市保健センター ~「ママパパ」教室(両親教室)

イベントレポート

八尾市保健センター ~「ママパパ」教室(両親教室)

2018年11月07日

初めての妊娠の方も出産経験のある方も、新しい命の誕生を待つ間は期待と不安に包まれるもの。八尾市保健センターでは、そんなママ・パパの期待と不安をサポートする場として「ママパパ教室」を開催しています。全三回のうち(第一回:妊娠出産のお話、第二回:妊娠中の栄養と食事、第三回:ママ・パパの沐浴実技体験ほか)、今回は第二回目の講座、「ママと赤ちゃんの体に優しい食事」についてレポートします。

開催日:平成30年9月27日
時間:13:15~16:00(三部構成:①グループワーク、②栄養の話、③調理実習)
場所:八尾市保健センター
講師:八尾市保健センターの保健師、管理栄養士

event180927_001.png

ママさん同士のおしゃべりタイム

この日、10名のママさんが会場に集まっていました。第一部は、グループワーク(※テーマに沿って、それぞれの悩みや現状を分かち合い、気づき合うこと)をおこないます。本日のテーマは「食事について思うこと、心配なこと」。

青グループさん、赤グループさんに分かれて、ワーク開始です。

event180927_002.png

第一回目のママパパ教室を共に過ごしたメンバーながら、やっぱり初めはまだまだ緊張がち。しかし...、「急激に体重が増えて困っている...!」「寝る前におなかがすいたとき、どうしたらいいのかな」などなど、ご自身にも思い当たるお悩みが打ち明けられ始めると、少しずつ会話が弾んできました。

event180927_003.png

「食べづわり」や「甘いものが止められない...」など、悩みの種はさまざま。
妊婦さん特有のお悩みだからこそ、同じ妊婦さん同士、深く受け止め合い、語り合うことができるようです。
ワークの終盤には、カチコチだった皆さんの表情も和らいできて、おうちでは言えない!?愚痴も語られていました(笑)。 

最後に赤グループさん、青グループさんそれぞれから挙がったお悩みについて発表が行われます。聞いてみると、赤グループさんも、青グループさんも内容は近いものがありました。妊婦さんのお悩みは共通するところも多いのかも?しれません。

きちんと学びたい!ママと赤ちゃんのための栄養のおはなし。

第二部では、グループワークの中で挙がったママさんの疑問やお悩みを踏まえ、管理栄養士さんが妊娠中の栄養と食事について講習してくださいます。

event180927_004.png

バランスの良い食事って...?何をどれだけ食べればいいの...?
体重はどこまで増えていい...?
大切なこととは知りつつ、栄養についてきちんと学べる場はあまり多くありません。 ママさんたちも必死にメモを取りながら耳を傾けていました。

event180927_005.pngevent180927_006.png

意外とカンタン♪ママと赤ちゃんの体に優しいお料理術。

第三部では、これまでの栄養のお話をもとに、おうちで作れる簡単レシピを教えていただき、調理実習をおこないます。今日の献立は「具だくさん味噌汁」と「ひじきのミルク煮」。

鉄分、カルシウム、ビタミン、食物繊維。大切な栄養を簡単に摂っちゃいましょう!

しんどい時は無理せず休憩。 いすがきちんと準備されているところも、ママさん教室ならでは。

お互いにできるところで支え合う。"役割分担"が妊娠期を支えるカギのようです。

event180927_008.png

event180927_009.pngevent180927_010.png

具だくさん味噌汁では、塩分摂取量を減らすため、だし取りに挑戦!

いい香りが漂うとともに、「おいしい~!」の声も聞こえてきました。おいしいうえに、からだにやさしいなんて素敵です♪

event180927_011.png

調理中は"つわりあるある"話や逆子体操が大変!なんて、あるある話に花が咲きます。

会場はグループワークのときよりもずっとにぎやか。

event180927_012.png

完成&実食。
「ちゃんと味ついてる!」「あ、おいしいやん」という声が方々から聞こえてきます。

カンタンだし、管理栄養士さん考案の献立なんて、すぐにおうちでもマネしたくなっちゃいますね。

離乳食づくりに挑戦!

最後に、離乳食についての講習です。

"離乳食っていつから始めたらいいの?どうやって進めていくの?"

赤ちゃんが生まれてからの食事も不安ですよね。 そんなお悩みに講師の方が、丁寧にポイントを教えてくださいました。 きちんと知識が得られ、ママたちは少し安心されたようです。

event180927_015.png

講習を終えた後は、実際に離乳食をつくってみます! 裏ごし器を使っておかゆをこして...。こした後は試食です。 フレークタイプを湯で戻したものと手作りのおかゆから作ったものとでは味の違いがあるのだそう。 口にしながらママたちも、その違いに驚いていました。

event180927_016.png
裏ごし器を使うママたち。

身体の変化はどんどん進みつつも、対処方法を知る場も少なく不安ばかりが高まる妊娠期。
まずは誰かに話をきいてみよう。
そんな気持ちが安心に向かっていくための第一歩になるのかもしれません。
あなたも八尾市保健センターの「ママパパ教室」に参加してみませんか。

参加者の声

  • 栄養の勉強はいつかしないと、とは思っていたけれど、手を付けるタイミングが見つからずにいた。どれをどういう風に食べるといいということを聴けてよかったです。
  • めっちゃ楽しかったです!ふだん料理をあまりしないので、こんな凝ったものができるかと思っていたけれど、やってみると結構簡単だった。これから活用しようと思います。
  • みなさんが同じ悩みを抱えているとわかり、安心した。周りにママさんがいないので、今どういう状態だとかを共有できる人がいない。悩みを打ち明けられる場ができてよかった。
  • 妊娠中って家にこもりがちだったり、一人になる時間が多くなったりしがちなので、交流の場があると心強い。はじめましての人とも、あるある話では盛り上がれました。
  • 旦那さんの帰りが遅い時の食事のとり方などにアドバイスがもらえたので、改善に向けて取り組もうと思います。
  • 自分の食事の摂り方が気になりつつ、どこで答えを探せばいいかわからなかった。今日は、いままで味の濃いものを食べていたなあという気づきを得たり、どこまで摂取カロリーを増やせばいいなどの話を聞けて安心できた。実際に妊娠中の人たちと意見交換できることもよかったです。
  • 今日参加した目的は「うつの予防」。家で、このままこもっていたらだめになると思ったので出てきた。やっぱり体調はすぐれなかったけど、いろんな配慮のなかで実習や調理させてもらえたので、自分のペースでできた。

ページの先頭へ

このページの先頭へ