1. ホーム
  2. イベントレポート
  3. 八尾市立志紀図書館~「ファーストサイン~親子で楽しくコミュニケーション~」

イベントレポート

八尾市立志紀図書館~「ファーストサイン~親子で楽しくコミュニケーション~」

2018年3月29日

今回レポートするのは、八尾市立志紀図書館でおこなわれた、「ファーストサイン~親子で楽しくコミュニケーション~」です。
「泣いている理由がわからない」「赤ちゃんとのコミュニケーションを楽しみたい」「赤ちゃんの気持ちをわかってあげたい!」。毎日赤ちゃんと過ごしているママは、誰しもこんな気持ちになったことがあるはず。
赤ちゃんとのコミュニケーションのちょっとしたコツ、教えていただきましょう。

開催日:2018年3月2日(金)
時間:11:00~11:40
場所:志紀図書館 おはなし室
講師:増井 淑 先生(ロイヤルセラピスト協会RTA認定講師)

event180302_001.jpg

ファーストサインって?

ファーストサインとは、手の動きや表情、声のトーンの変化などを使って、まだ言葉では上手に伝えることのできない赤ちゃんとコミュニケーションをとる方法です。実は赤ちゃんだって、「あ、ママだ!」「暑いな」「なんかおしりが気持ち悪い...」などなど、たくさんのことを考えています。ファーストサインは、そんな赤ちゃんの気持ちを理解し、応えてあげられるだけでなく、育児ストレスの解消や親子の絆を深めることにも効果的です。

赤ちゃんも、ママ・パパも さらに笑顔になれるファーストサイン。

「始まるよ♪始まるよ♪」のお歌にのせて、イベントスタートです!

指を使って、ねこのひげをつくったり、にんじゃになりきったりする楽しいおうた。

おうたを"もっと、もっと!"楽しみたい赤ちゃんは、"もっと、もっと!"と言わんばかりに、表情や声でリクエストしてくれます。
中には、サインを覚えている赤ちゃんもいて、お手てを動かして"もっと、もっと!"とサインをたくさん送ってくれていましたよ。
"もっと、もっと!"こんなメッセージが感じ取れるとなんだかうれしいですね。

サインに応えて、続けて「むすんでひらいて」を歌います。
お歌に合わせて手を打ったり、こちょこちょと触れあったりしながら、赤ちゃんもお母さんも表情が次第に柔らかくなっていきました。

自然と気持ちが落ち着く、アットホームな雰囲気。

「私も同じママですので、先生とかじゃなくて、"よっしー"って呼んでもらえたらうれしいです」と増井先生。
その言葉だけで、緊張や不安でいっぱいのこころがすっと楽になるような気がします。
そのおかげか、会場は終始和やかな雰囲気に包まれていました。

event180302_002.jpgevent180302_003.jpg

イベント中は、よっしーがほかのお母さんの子育ての様子を引き出してくださったり、よっしー流の子育て経験を語ってくださったりと、「いろいろな子育てのしかたや悩み」も聴かれました。

それらに耳を傾けるパパ・ママたちは、驚いたり、共感したり。
それぞれに感じるところがあった様子。

ほかのパパ・ママたちに出会えるイベントは"気持ちを共感しあえる場所"にもなっていくようです。

実はカンタン♪親子のコミュニケーション。

次に、"おっぱい"や"おむつ"、"えほん"、"おうた"、"おしまい"などなど生活の中で使えるサインをたくさん教えていただきました。

例えば、おむつ。
「おむつ替えるよ~」とお話しながら、おむつのあたりをやさしく3回トントントンとたたきながらサインを送ります。
こうしたサインを繰り返していると赤ちゃんは、自然とサインの意味を覚えていくのだそうです。
ちょっとしたサインで赤ちゃんと心を通わせることが出来たら、子育てが少しラクに、楽しく、なっていくかもしれませんね。

event180302_004.jpg

「まだ言葉を話せない赤ちゃんとのコミュニケーションは難しく考えてしまいがちですが、実はちょっとしたことで笑顔をつくることができるんですよ」と増井先生。
おうちでできるカンタンなコミュニケーションもたくさん教えていただきました。

「〇〇ちゃん、だいすーき♪」のお歌にのせて、「ぎゅーっ」と抱きしめます。

event180302_005.jpgevent180302_006.jpg

いちり、にり、さんり、しり♪でおしりをさわさわ。

event180302_007.jpg

どれもカンタンなコミュニケーションばかりでしたが、赤ちゃんたちはとってもうれしそう。
こんなに手軽なら、すぐにでもやってあげたくなっちゃいますね。

最後にみんなでコミュニケーション

event180302_008.jpgevent180302_009.jpg

最後は、お隣のママさん・パパさんも交えてコミュニケーションです。
おしくらまんじゅうをしたり、ふうせんごっこをしたり、たくさんのパパ・ママとの触れ合いに赤ちゃんたちはご機嫌な様子でした。

パパ・ママの気持ちが前向きになれるこの講座、みなさんも一度のぞいてみませんか。

event180302_010.jpg

参加者の声

  • 子どもが月齢で、反応をどのように読み取ったらよいのかわからなかったので、いい機会になりました。簡単なサインが多かったので、家で取り入れてみたいと思います。

  • 上の子が生まれた時に一度参加したことがあります。その時から、手を積極的に動かすようになった自分に気がつきました。これが伝えようとするということなんだ、ということに気が付くとなんだか自分が成長した気分です。

  • ファーストサイン講座の参加は2回目。毎回子どもが楽しそうにするので、それが一番うれしいです。

  • 先生が「よっしー」と呼ばせてくれるのがありがたいです。堅苦しくなく、遊びに来るような感覚でいられるので楽しんでいます。

  • 他のママのお話が聴けるので参考になります。悩んでいたのが自分だけじゃないと思えたり、もっと大変なおうちもあるとしれたりすることが大きな収穫です。みんな同じくらいの子どもを持ってるから、悩みも同じものが多いんですね。

  • 結婚して初めて八尾市に来たので、お友達もおらず...。一人目の子だし、いろんなことが不安だったので参加しました。自然と横のつながりができたので来てよかったと思います。

  • シンプルに子どもから反応が返ってくるとうれしいです!

ページの先頭へ

このページの先頭へ