1. ホーム
  2. イベントレポート
  3. ⿓華コミュニティセンター「まめっこおはなし会」

イベントレポート

⿓華コミュニティセンター「まめっこおはなし会」

2017年3月31日

⼦どもたちの想像⼒を豊かにし、コミュニケーション⼒や穏やかな感情も育んでくれる絵本。
⼦どもたちはみんな絵本が⼤好きです。1⼈で読んでも楽しめますが、親⼦やお友達と⼀緒に読むともっと楽しい!
0 歳児から 3 歳児までを対象とする今回は、歌のように節をつけたり、思わずまねしたくなる⾝振り・⼿振りと共に、⼦どもたちに⼈気の絵本の読み聞かせや紙芝居をたっぷり披露していただきました。

開催⽇:2017 年 3 ⽉ 17 ⽇(⾦)
時間:10:30〜11:00
場所:⿓華コミュニティセンター 2 階 会議室

「まめっこおはなし会」とは・・・

⿓華コミセンや図書館を活動拠点とした地域の⼦ども向けボランティアサークル“まめっこりゅうげ”。
そんな“まめっこりゅうげ”と⿓華図書館スタッフによる『まめっこおはなし会』では、絵本や紙芝居を通じて、⼦どもたちの⼼に栄養を、親⼦の間に素敵な笑顔の輪を広げる活動を⾏っています。
⼿づくりのパペットや⼩道具を⽤いた楽しく、元気な読み聞かせに、⼦どもたちは夢中です☆

event_170330_01.jpg

楽しい歌と笑顔で始まる「おはなし会」

晴天に恵まれた当⽇、定刻には10組の親⼦にお集りいただきました。
今回、初参加の親⼦はちょっぴり緊張した⾯持ちで、以前にも参加いただいた親⼦は今か今かと待ちわびた様⼦が伝わります。そんな中、3名のスタッフがにこやかに登場し、リズミカルな開会宣⾔と共に「まめっこおはなし会」はスタート!
まずは、みんな⼤好き、あのあおむし君の歌から。
「キャベツの中から、あおむし、出たよ♪ピッピッ」陽気な歌声に合わせて、体を動かしたり、⽴ち上がってスタッフのまねをしたり、そんな⼦どもたちの様⼦にママもスタッフもみんなニコニコ。楽しい空気が⼀気に会場を包み込みます。

event_170330_02.jpg

「絵本って楽しいな」その気持ちがムクムク

次は、お待ちかねの絵本が登場。
おうちにある絵本と⽐べてかなり⼤きな⼤型絵本に、「なにがはじまるの?」⼦どもたちの期待は⾼まります。
いろんな動物のママが⼦どもたちにおちちをあげる『おっぱい』や、おなじみのクッキーだけじゃなくウサギも飛び出しちゃう『ふしぎなポケット』に、みんなの視線は釘付け。親⼦の熱い視線を受けてスタッフもノリノリです。
「ふしぎだね〜」の声かけに、⼦どもたちは⾸を上下に、うんうん。テンポよく抑揚をつけて話したり、⾝振り⼿振りのほか、歌もまじえてみたり、⼦どもたちの好奇⼼をくすぐります。ときにはぐずりだしちゃう⾚ちゃんもいますが、会場にいるみんなが⼦育て経験者。笑顔も泣き顔も、ぜんぶ、想定内です。

event_170330_03.jpg

歌と⼀緒に、親⼦でお顔や体にタッチ

絵本の合間には、親⼦のふれあいあそびも取り⼊れるのが“まめっこ”流。今回は「ぱんやさんでおかいもの」。
親⼦で向かい合って座るか、ママのおひざの上に⾚ちゃんを座らせたら、「ぱん、ぱん、ぱんやさんにおかいもの〜♪」と歌がスタート。
「サンドイッチ♪」ではほっぺを優しくはさみ、「メロンパン♪」ではあっかんべー、「ねじりドーナツ♪」はお⿐をぎゅっ、「パンのみみ♪」では⽿たぶをつかみ、最後の「チョコパン 2 つくださいな♪」では親⼦でこちょこちょ、くすぐりあいっこ。キャッキャと⼦どもたちの嬉しそうな笑い声が会場のあちこちではじけます。

event_170330_02.jpg

遊びも絵本も「もっと、もっと」好奇⼼を育む良い機会

親⼦でふれあいあそびを楽しんだあとは、ふたたび絵本の時間です。
「ぽっと出た、ぽっと出たつくしんぼ 〜♪」このあとに読む絵本にちなんだ歌を聞かせて、⼦どもたちの関⼼を引きつけます。
春になってニョロっと出てきたへびくんのお話『へびくんのおさんぽ』、いろんな⾃動⾞ぶっぶーが登場する『たろうくんのじどうしゃ』と続きます。⼦どもたちの「なに? なに?」を巧みに引き出す読み聞かせぶり。

event_170330_02.jpgevent_170330_02.jpg

みんな⼀緒に「うんとこしょ、どっこいしょ」

いよいよ、ママも⼩さいころによく読んだ「⼤きなかぶ」のお話です。
ここは絵本ではなく、愛らしいパペットを⽤いた⼈形劇。好奇⼼旺盛な⼦どもたちはもうじっとしていられません!
おじいさん、おばあさん、ウサギ、ネズミ、パンダ...と次々に登場するパペットに触りにいく⼦、スタッフのまねっこをして⾃分も演者になる⼦、⼦どもたちの動きが加わってにわかに活気づく会場。「うんとこしょ、どっこいしょ」おなじみのかけ声の場⾯ではみんなの声が揃います。まだあんよのできない、ねんねの⾚ちゃんも、お友達の楽しそうな様⼦にたっぷりと刺激を受けている様⼦。最後「やっとかぶが抜けました、お⼿伝いありがとう」の声に、みんなホッとした笑顔を浮かべていました。

本⽇〆の絵本は、「だるまさん」。
「どてっ」「ぷしゅー」「ぷっ」「ぴょーん」などの⾳に合わせて、だるまさんになった気分で転んだり、万歳したり、⿐をつまんだり、みんな⼤忙し。盛りだくさんの内容であっという間の 30 分。楽しいひとときだったことは、親⼦の笑顔にはっきりと表れていました。

まめっこおはなし会に参加してみて(参加者の声)

  • 初参加です。下の⼦はぐずってしまいましたが、上の⼦は⼤喜び。特に「だるまさん」が楽しかったようです。
  • 図書館に置かれていたチラシを⾒て初めて参加しました。まだ 4 ヶ⽉の⾚ちゃんですが、みんなから刺激をもらい、会場の雰囲気を楽しんでいたと思います。⼩さい⼦とふれあう機会もないので、貴重でした。
  • 今⽇はお友達を連れてきました。2 度⽬の参加です。前回初めて参加したとき、とても楽しかったようで、それ以来、絵本に興味を持つようになりました。絵本が好きになるきっかけになったと思います。

ページの先頭へ

このページの先頭へ