1. ホーム
  2. イベントレポート
  3. 子育ておうえん講座「親子であそぶ ゆるぽかコミュニケーション」

イベントレポート

子育ておうえん講座「親子であそぶ ゆるぽかコミュニケーション」

2017年1月23日

子どもとふれあいたいけどどうしたらいいの?今回は手あそびや絵本の読み聞かせ、ひざ上あそび、パパが大活躍できるあそび等々、いつでもどこでも簡単にできる「親子ふれあいあそび」をたくさん伝授していただきました。これで子どもをギューッと抱きしめてあげてね。

開催日:2016年11月27日(日)
時間:10:00~11:30
場所:サポートやお

講師プロフィール

田川 雅規さん

1980年兵庫県生まれ。4歳と0歳児のパパ。
学生時代は社会福祉を専攻する傍ら、自然学校の野外活動技術指導員を経験。兵庫県の職員を経て2007年に「あそびの工房 もくもく屋」を設立。事務局長として「あそびの力で人と地域をつなげる」をモットーに子育て、児童健全育成、地域づくり、生涯学習など幅広い分野で活躍。現在は、全国の市町村や教育機関などで年間200本以上の研修・講演活動を行っています。

田川先生お写真

次から次へと繰り出される"親子ふれあいあそび"

当日はあいにくの雨となりましたが、21組の親子にお集まりいただきました。日曜日の開催だったせいかパパの参加も多く半数近くにのぼりました。

「さあ、始めましょう」という言葉が聞こえたと思ったら、いきなりグー・パー・グー・パーと手遊びが始まりました。それまでウロウロしていた子どもたちも立ち止まって田川さんに注目。真似をしてグー・パー・グー・パーと手が動きます。続いて手首をブラブラブラ...。パパママも子どもの手をとって一緒にグー・パー・グー・パー、ブラブラブラ。これだけのあそびで、いつの間にか参加者全員で大合唱していました。
次に親子でペアを作ってジャンケン。負けた方が肩をもみます。ジャンケン2回戦は勝った方が耳たぶをもみもみ。今度は違うペアでジャンケンして背中をマッサージ...。さらに桃太郎を歌い♪手拍子しながら頭、肩、おへそ、腿、背中とマッサージし、最後にギューッと抱きしめるというあそびです。

event170120_02.jpg

次は絵本。皆さんご存知の「お弁当箱」ではお相撲さんのお弁当箱を作ります。
お相撲さんのしわがれた声で大きなゼスチャーを加えて読んでいきます。続く「サンドウィッチ」という絵本では歌いながら♪、体を左右に揺らしてリズムをとりながらページをめくっていきます。時に大きな声で、時に大きく体を揺らし、それだけでいつもの絵本が数段楽しくなりました。

event170120_03.jpg

event170120_04.jpg

まだまだふれあいあそびが出てきます。今度はひざ上あそび。
パパママは足を伸ばしひざの上に子どもが乗ります。そしてラクダ♪ラクダ♪と歌いながら、コブ1つでひざを立て子どもを持ち上げます。繰り返して、コブ2つでより高く。コブ3つで...。もちろん子どもたちは大喜びです。ひざの上に乗せた子どもを跳ね上げてぐるっと1回転という大ワザも。続いて、グー・チョキ・パーで何作ろう♪何作ろう♪と歌いながら、手で乗り物や動物を表現する手あそびを教わりました。

event170120_05.jpg

event170120_06.jpg

スタートから40分。短い間隔で次から次に繰り出されるあそびの数々。子どもたちも退屈することなく、あっという間に時間が過ぎました。

紙飛行機づくり、人形劇など盛りだくさんの内容で、大人も子どもも大満足

10分ほど休憩した後、後半がスタート。またいきなりグー・パー・グー・パー、ブラブラブラという声が聞こえてきます。すると子どもたちもスイッチが入ったように田川さんに注目します。
ひざ上あそびが続きます。ひざの上に子どもを乗せ、歌いながら鼻、ほほ、おしりとふれていき、最後にギューッと抱きしめます。

次に折り紙を使って紙飛行機づくり。
田川さんから折り紙をもらって折り方を教わります。ここはパパママの出番。子どもたちも興味津々です。そして面白い形をした筒型紙飛行機の出来上がり。紙飛行機作りは本来小学生向けのあそびとのことですが、紙を丸めて作った棒を持ち、そこに筒型紙飛行機を通して振ると小さな子どもでも簡単に飛ばせるとか。「まだ子どもが小さいから無理と決めつけないで工夫してあそんでください」と田川さん。

event170120_07.jpg

event170120_08.jpg

最後はハーモニカの演奏付き一人人形劇『まん丸ナマズとジョーロのジョーさん』。
まん丸な形のナマズと、ジョーロを擦ると出てくる魔人のジョーが繰り広げるほんわかしたお話です。ステージから飛び出し観ている子どもたちの間をウロウロ。子どもたちの目は釘付けになっていました。

event170120_09.jpg

event170120_10.jpg

「パパやママが生の声を出してふれあいながらあそぶことはとても大切です。あそびを通じて親子のコミュニケーションも自然と発展していきます。手あそびは、手と声と表情さえあればOK。特別な道具も要りません。またひざ上あそびは、体重の軽い今のうちしかできないあそび。大きくなったなぁって、子どもの重さを感じながら一緒に遊んでください。どちらもいつでもどこでも簡単にできるのでぜひ覚えて帰ってお家であそんでください」と田川さん。
パパもママも十分楽しめて、とっても勉強になる講座でした。

講座に参加してみて(参加者の声)

  • 親子のふれあい遊び、すぐにできる・真似できるものばかりで楽しかったです。
  • 絵本のセレクトもパパ目線な感じでよかったです。これからもパパに子育てを楽しむ方法を伝導していってください!ありがとうございました。
  • 子どもだけでなく大人も引き込まれる話し方、進め方でとても楽しく過ごすことができました。
  • 今日はパパも子どもも楽しめたのでとてもよかったです。もちろん私も楽しめました。
  • 教えてもらった紙飛行機がよく飛ぶのでびっくりです。人形劇も見入ってしまいました。
  • 手あそび、折り紙飛行機、人形劇など盛りだくさんであっという間に時間が過ぎました。お兄ちゃんに折り紙教えてあげる!と4歳の娘がはりきっていました。

ページの先頭へ

このページの先頭へ