1. ホーム
  2. イベントレポート
  3. やおファミリー・サポート・センター『人形劇を楽しもう!』

イベントレポート

やおファミリー・サポート・センター『人形劇を楽しもう!』

2016年8月19日

やおファミリー・サポート・センターによる夏休み恒例イベント『人形劇を楽しもう!』が今年も開催されました。人形劇、歌、踊りと盛りだくさんのプログラムで、子どもも親も笑顔でいっぱいになりました。

開催日:2016年7月24日(日)
時間:午前10時30分~11時30分
場所:サポートやお

ファミサポが開催する、夏休み最初の日曜日の恒例イベント

子育ての援助を「してほしい人」と「したい人」を結びつけ、子育ての相互援助活動を行っている「やおファミリー・サポート・センター」(ファミサポ)。
ファミサポでは子育て講座や交流会など様々な活動を行っていますが、今回ご紹介する『人形劇を楽しもう!』は、毎年夏休みに入ってすぐの日曜日に開催されている恒例イベント。今年も「サポートやお」で就学前の子どもたちを中心に約40名が参加して行われました。

event_160819_01.jpgevent_160819_02.jpg

今年の人形劇の演目は「にゃーご」と「うみにぽっかりくじらじま」の2本立て。職員さんからファミサポの活動内容の紹介を受けた後、いよいよ上演開始です。

1本目の「にゃーご」は、お腹を空かせたネコが、子ネズミを捕まえて食べてやろうと近づくが、なぜか一緒に桃を取りに行くことになって...というお話。
子ネズミが食べられてしまうかもしれないとハラハラしたり、ネコのユーモラスな動作に笑ったり、子どもたちは真剣に観入っていました。

event_160819_03.jpgevent_160819_04.jpg

2本目の「うみにぽっかりくじらじま」は、年老いたクジラが一人ぼっちで寂しく昼寝をしていると、島と間違えてクジラの背中に鳥の夫婦が巣を作り、そして雛が生まれます。やがて大きな嵐が来て、鳥の家族を守るためにクジラは必死に泳いで避難する...というお話。心温まるお話に、子どもたちはすっかり物語の世界に入り込んだ様子でした。

event_160819_05.jpgevent_160819_06.jpg

歌やウクレレ演奏、フラダンスなど盛りだくさんのプログラム

人形劇が終わったあともまだプログラムは続きます。今度は劇団員さんが人形をウクレレに持ち替え、歌と演奏、フラダンスを披露。「南の島のハメハメハ大王」や「さんぽ(となりのトトロ)」を皆で歌って踊りました。約1時間、盛りだくさんのプログラムで子どもたちも親も笑顔いっぱいの楽しい時間を過ごしました。
解散後、会場の出口にはいつの間にかリサイクルコーナーが設置されていて、子供服やオモチャ、絵本などが並べられ、気に入ったものを自由に持ち帰っておられました。

event_160819_07.jpgevent_160819_08.jpg

今回上演していただいた人形劇団の皆さん

event_160819_09.jpg

今回上演していただいたのは、アマチュア人形劇サークル「ダックス」と「ミックスジュース」の皆さん。
図書館や病院、老人ホーム、学童保育などで人形劇を公演されている、お母さんたちが中心のボランティアサークルです。
「公演している自分たちが楽しんでいます」「子どもたちから元気をもらっています」とこちらも笑顔いっぱいでした。

イベントに参加してみて(参加者の声)

  • とても楽しく親子で楽しめました。また参加したいです!
  • 人形劇も楽しかったし、フラダンスやウクレレの演奏も良かったです。
  • とても楽しく、子どもたちも一緒に歌ったりしていました。

ページの先頭へ

このページの先頭へ