1. ホーム
  2. イベントレポート
  3. 子育ておうえん講座『親子でふしぎ遊び~子どもがよろこぶ3つの魔法』

イベントレポート

子育ておうえん講座『親子でふしぎ遊び~子どもがよろこぶ3つの魔法』

2015年12月18日

お父さんお母さん、子どもとの時間を楽しんでいますか? 子どもへの普段の接し方によって、子どもの育ちが変わってくるとか。だから子どもはパパやママと一緒に過ごした時間が楽しければ楽しいほど、パパやママのことが好きになり、前向きで明るい子になれるそうです。そこで今回は、簡単な遊びの中で子どもが喜ぶ、子どもと仲良くなる方法を教えていただきました。

開催日:2015年11月28日(土)
時間:10:00~11:30
場所:サポートやお

講師プロフィール

和田 憲明さん
マジック歴30年。主夫歴12年。妻は看護師。子どもは小学6年生と2年生の姉妹。主夫業をしながら保育士資格を取得。子育てアドバイザーを経て、NPO法人ファザーリング・ジャパン関西(FJK)を立ち上げる。
現在は幼稚園講師、PTA副会長、FJK副理事長と3足のわらじで生活中。メディア出演・掲載多数。

和田講師お写真

子どもがもっと喜び、パパやママを好きになる“3つの魔法(コツ)”

会場の様子のお写真
泣いたり、ぐずったりしていた子どもたちも、講座が始まると大喜び!

今回参加された親子は約20組。その内パパは4人で、子どもたちは0~2歳の乳幼児が中心。ぐずったり泣いたりしている子どももいる中で講座がスタートしました。

まず講師が頭にハンカチを乗せて前に立ちました。何をするのかなと思って見ていたら「こんにちは」と言ってお辞儀をしてハンカチを落としました。
この動作を2度、3度と繰り返します。するとどうでしょう。あ~ら、不思議。子どもたちがなんと「キャハハ」と笑って大喜びしているではありませんか。
さっきまで泣いていた子も講師に注目しています。パパやママは、そんな子どもたちが笑い大喜びする姿に驚いている様子。こんな単純な遊びで子どもが大喜び。まるで魔法のようです。

講師が解説してくださいました。子どもは最初反応しないが、2回目からは「ハンカチが落ちるかも」と予測し、その通りハンカチが落ちると、それが子どもにとっては喜びとなるそうです。そして思ったことを思った通りにしてくれる人を、子どもはどんどん好きになっていくとのことでした。

それを踏まえて普段の遊びの中で、赤ちゃんがもっと喜び、パパやママをもっと好きになる“3つの魔法(コツ)”を教えていただきました。

1つ目は、「繰り返す」こと。繰り返すことで赤ちゃんは安定・安心を感じ欲求を満たします。2つ目は、「感情を見せる」。パパやママが無表情では赤ちゃんは楽しくありません。「あっ、ハンカチが落ちちゃった!」と同じ感情を見せます。共感することで仲間がほしいという欲求を満たします。3つ目は、「リアクションをする」です。赤ちゃんが笑ったら、「あなたが笑ってくれて私たちも嬉しい」ということを表情で伝えます。そうして周りが認めることで赤ちゃんは欲求がどんどん満たされ、パパやママのことをどんどん好きになっていくというわけです。これは、有名な心理学者マズローの「人間の欲求段階」の理論に基づいているそうです。

event_151218_02.jpgお辞儀をして頭に乗せたハンカチを落とす。
それを繰り返すだけで、子どもは大爆笑!

event_151218_03.jpg
心理学者マズローの「人間の欲求を5段階に分類した図」を用いて解説。

こんなに身近で簡単な遊びで、子どもが大笑い、大喜び

“3つの魔法(コツ)”を理解した後、具体的に様々な遊びを紹介していただきました。絵本の読み聞かせでは、読む際のコツを伝授。「同じ絵本を持っているので、家に帰ったら早速実践してみます」と参加者のパパ。絵本は読み終えたらタイトルを言って表紙に戻るのがおすすめ。子どもの記憶力が活性化されるそうです。

また、身体遊びでは、ゴロゴロ転がったり、親の腕にぶら下がったり、親子が存分に身体を触れあう遊びを体験。なかでも「ゆびさきのふしぎ」という遊びは、パパやママもすぐにできる超簡単なふしぎ遊びとして大好評。赤ちゃんも興味津々でした。さらに身近な日用品を使った遊びでは、新聞紙を使って紙芝居を自作自演したり、新聞紙で紙ヒコーキやクリスマスツリーを作ったり、ストローで笛を作ったり...等々、身近で簡単だけど子どもが大喜びするたくさんの遊びを教えていただきました。

「早速家でやってみます」という声が多く聞かれ、参加者の皆さんもご満足の様子。ぐずっている子どもも一人もなく、1時間半の講座は大好評のうちに終了しました。

event151218_04.jpg
絵本「いないいないばあ」を読み聞かせ。ちょっとしたコツで子どもたちの笑顔が倍増!

event151218_05.jpg
赤ちゃんも絵本にくぎ付け。じっと見入っています。

event151218_06.jpg
触れあい遊びは、歌いながらゴロゴロ転がったり、さすったり、高い高いします。

event151218_07.jpg
赤ちゃんを蹴り上げるようにしてぐるんと一回転。パパやママと思いっきり触れあうことが大切。

event151218_08.jpg
ゆびさきのふしぎ遊び。爪に色の付いたシールを貼ってお話してあげるだけ。

event151218_09.jpg
身近な新聞紙を様々な形に折ったり、切ったりして紙芝居を自作自演。

講座に参加してみて

  • 保育園とは違う手遊びなどもあって、大人も楽しめてとても良かったです。子どもは「繰り返しが好き」というのは勉強になりました。
  • 身近なものが楽しい遊び道具になるんですね。さっそく家に帰ってやってみます。
  • 家で楽しめる遊びのレパートリーが増えて嬉しかったです。触れあい遊び、大切にします。

ページの先頭へ

このページの先頭へ