1. ホーム
  2. 子育ておうえんコラム
  3. 冬に流行る病気に気を付けよう!

子育ておうえんコラム

冬に流行る病気に気を付けよう!

2019年11月18日

column_191115_01.png

あたたかい日差しはあるものの、空気が冷たい季節になりました。それと同時に、風邪をひいている人を見かけるようにもなりました。衣類で調節して、身体を冷やさないようにしましょう!
今回は、八尾市公立認定こども園・保育所の看護師さんたちが、毎月発行している「ほけんだより」から抜粋し、「冬に流行る病気」についての情報をお届けします。

知っていますか?『咳エチケット』

咳やくしゃみがあちこちで飛び交っています。そこで大事なのが「咳エチケット」

・くしゃみ、咳が出る時は他の人から1メートル離れる。

・マスク、ティッシュ、ハンカチなどで口と鼻を覆い、ウイルスの飛び散りを防ぐ。

column_191115_02.png

column_191115_03.png

column_191115_04.png

column_191115_05.png

<インフルエンザ>

一番の予防法は、ワクチンです。

column_191115_06.png

column_191115_07.png

column_191115_08.png

インフルエンザウイルスが好きなものは「乾燥」です。

適度な湿度(60%ぐらい)を保ち、定期的に換気をしましょう。

加湿器、洗面器などに水を入れる、濡れタオルを室内に干すだけでも加湿になります。

column_191115_09.png

<下痢・嘔吐について>

下痢と嘔吐を伴う風邪がこれから流行ってきます。

「おなかの風邪」という言われ方もします。 突然の嘔吐から始まり、その後水様性の下痢となります。

column_191115_10.png

ウイルス性胃腸炎の代表が、ノロ・ロタウイルス

感染力が強く、あっという間に広がっていきます。ただの嘔吐、下痢と自己判断せず、早めに受診をするようにしてください。

column_191115_11.png

ページの先頭へ

このページの先頭へ