子育ておうえんコラム

目を大切に

2019年10月03日

column_191002_01.png

「10 10」を横にすると、眉と目のように見えることから制定された「目の愛護デー」。乳幼児期は子どもの目が最も育つ時期です。
子どもの目は毎日発達していて、両目の視力の機能は6歳頃にはほぼ完成すると言われています。 この時期に、テレビやゲームを見過ぎることは、視力の発達を阻害する原因となります。
今回は、八尾市公立認定こども園・保育所の看護師さんたちが、毎月発行している「ほけんだより」から抜粋し、「目の愛護デー」についての情報をお届けします!

column_191002_02.png

column_191002_03.png

column_191002_04.png

  ・テレビや絵本に近づいて見る

  ・明るいと外で眩しがる

  ・目を細めて見る

  ・上目遣いに物を見る

  ・目つきが悪い、目が寄っている

  ・見るときに首を曲げたり、顔を傾けたりする

column_191002_09.png

column_191002_06.png

column_191002_07.png

column_191002_08.png

ページの先頭へ

このページの先頭へ