1. ホーム
  2. 子育ておうえんコラム
  3. 元気っ子クラブ『三つ子の魂百まで』

子育ておうえんコラム

元気っ子クラブ『三つ子の魂百まで』

2017年6月05日

こんにちは~!元気っ子クラブです。
今回は大切な乳幼児期の育児についてお話させていただきたいと思います。

「乳幼児期は育児のスタートであり、建物で言いますとまさに基礎工事です。とてもだいじな時期だと思います。誕生からしばらくの間は、その人間の将来を大きく左右する、特別な意味がある時期だといえます。訂正不可能ということではありませんが、その場合、多くのエネルギーや努力がいると思います。」(子どもへのまなざし 佐々木正美著より抜粋)
まさに「三つ子の魂百まで」ですね。

乳幼児期で最も大事なことは生活リズムを習慣づけていくこと。

早寝早起きをして、毎日決まった時間に食事をとる。あたりまえのことのように思えますが、毎日の積み重ねがとても大事なんです。積み重ねがいずれは習慣化していって、学校へ行くようになっても早起きが無理なくできるようになります。生活リズムが身についてるおかあさんにはさほど難しくないようですが、夜型の生活をしてきた人には、なかなか難しいですよね。乳幼児期に修得した生活習慣が次世代にもつながっていくことにもなるのです。
早起きすれば午前中外遊びをゆっくり楽しむことができますよ。充分あそぶことで学びの力につながっていく。そんな乳幼児期をどうか1日1日大切に過ごしてくださいね。
私の子育ての反省も踏まえて、若いおかあさんたちに最も伝えたいことなんです。

「お子さんの生涯にとって、とても価値ある子育ての時期に立ち会ってるのだと考えて、誇りと責任をもって、できたら喜びや楽しみをもって子育てしていただきたいと思うのです。」(子どもへのまなざし 佐々木正美著より抜粋)

★手作りおもちゃの紹介 - ままごとで使えるトング -

1歳半ぐらいになると、小さなものをつまんだり、容器の中へ入れたり、手先を使った遊びを好むようになります。口にものを入れる間は避けた方がいいのですが、保育所では手作りおもちゃを活用しています。例えばストローを穴に入れるおもちゃやコイン落とし、またチェーンリングなどで子どもたちがよくあそんでいます。
今回は、紙をほそーくほそーく丸めるだけ。ままごとでも使えるトングがとても簡単にできるので紹介したいと思います。
1. A4の上質紙くらいの厚さの紙、要らなくなったチラシでいいです。斜めに細―く丸めていきます。手が乾いていたらクリームなど塗ると丸めやすいです。
2.細く硬く丸められたらセロテープで止めて、半分に折り、柔らかい部分は切り落とします。
3.小さいお子さんには1本だけでも充分遊べますが、2本使って、カラーガムテープなどで先と折れ曲がる部分を補強すれば長持ちします。

culumn_170605_01.jpg

いかがでしたか~♪
雨の日が多くなる季節、お部屋でもいろんなあそびを工夫して親子であそんでくださいね。
それでは、またね~ (^▽^)/

八尾市地域子育て支援センター「元気っ子くらぶ」

ページの先頭へ

このページの先頭へ