1. ホーム
  2. 子育ておうえんコラム
  3. イクメン日記『はじめまして!』

子育ておうえんコラム

イクメン日記『はじめまして!』

2011年5月10日

はじめまして、R-2パパです。
結婚を機に八尾へ移り住んではや4年、2人の男の子に恵まれママと共に日々育児に奮闘してま~す。 周りの人はイクメンと呼びますが、ただ単に子ども達の成長の感動をママだけのものにしておくのはズルイと思う親バカな父親です★
我が家は育児も家事も夫婦で半分ずつ・・・そんな感じ。
まあ結婚当初は全く何もできなかった自分ですが(--〆)

そんなパパの日常、育児で感じることを書いていこうと思います!

先日、4月になりだいぶと暖かくなってきたので、家族で花園中央公園に行ってきました。
2歳半の長男はボールを抱きしめチョコチョコと走りだし、8ヵ月の次男はスリングの中で日向ぼっこ。 好奇心の塊の長男は公園の広場につくまでもあっちにフラフラこっちにフラフラ、パパはすでに振り回されてフラフラ...
ただこんなに色々な物に興味を示すまで成長したんやなって考えると、ちょっと感慨深かったり・・・☆

colum_20110510-1.jpg

なんやかんやようやく広場につくと、次男をママに預けて長男と早速KICK OFF!! ひたすらパパが操るボールに翻弄される長男、芝生の上に転がりながらキャっキャっ言いながら走り回ってました!
次男はまだ歩けないため遊べなかったけど、周りを走り回るお兄ちゃんにこちらもキャっキャっ。 自然とパパも子ども達も笑顔になるこういう時間って、本当に大事で必要やなって実感しました。

colum_20110510-2.jpg

そもそも・・・自分が育児に興味を持ち始めたのは妻が長男を妊娠したとき、たまたま休日に妻の検診があり半強制的について行かされたのが初めでした。

産婦人科にはもちろん女性ばかりで恥ずかしいやら肩身が狭いやら・・・
まぁ世の男性が嫌がるように自分も嫌やったけど。 (パパ用の待合とかあったら、もっとついてくるパパ増えると思うねんけどなぁ・・・)
でも、エコーを一緒に見たとき、妻のお腹の中に赤ちゃんがいてるんやなぁ何かすごい!って感じました。
それからは小さな点だった赤ちゃんがだんだん人の形になり、動いている姿・成長が楽しみで、休みに合わせて検診を予約するようになりました。
母親と違い、体に変化があるわけではないので、そこまでは父親という実感はありませんでしたが... ただ実際に産まれて初めてこの手にわが子を抱いたとき、検診の度に身近で成長を見てきた分、本当に感動したのを覚えています。
まあその後は言うまでもなく・・・親バカ全開で今に至る感じです(笑) その成果あってか・・・オムツを替えるのも、ミルクをあげるのも、お風呂いれるのも、遊ぶのも子どもとのコミュニケーションだと思い、楽しんでやってます!

プレパパは是非奥さんの検診について行ってあげてください。
奥さんは喜ぶし、絶対に子どもが産まれたとき行ってて良かったって思えますよ(*^^)v

父親には父親にしかできない育児があるし、母親には母親にしかできない育児がある。
だから協力して育児をすると、子どもはより多くの感性や経験を得ることができるんじゃないかなぁって・・・思う今日このごろです!

どれだけのパパ達に目を通していただけているかわかりませんが、こちらに目を通していただいてるパパさんは十分イクメンだと思います。
ママさん、どうかパパを育児の場にもっと誘ってください!
パパは大概めんどくさがったり、嫌がったりします。
そして失敗したり上手くいかないことが多いです。 でも、やったことに対し「ありがとう」、子どもに「パパが~してくれたよ」って言ってあげてください。
だんだんパパもその気になってくるはず~(^o^)丿
男って単純です(笑)

ペンネーム : R-2パパ
趣味 : ショッピング
特技 : これといった特技がないので現在バルーンアート勉強中
好きな言葉 : 「あなたが生まれたとき、周りの人は笑ってあなたは泣いていたでしょう。
だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って周りの人が泣くような人生をおくりなさい」
※ネイティブ・アメリカンの言葉だそうです

ページの先頭へ

このページの先頭へ