1. ホーム
  2. 子育ておうえんコラム
  3. 何して遊ぶ?何を読もう?『ステッキさし・指先遊び』

子育ておうえんコラム

何して遊ぶ?何を読もう?『ステッキさし・指先遊び』

2011年4月20日

ステッキさし・指先遊び

みなさんは、できないと思っていたことができた時、どうですか? すごく嬉しくなったり、自信が持てるようになったりしますね。
逆に、できたと思ったのに否定されたり、指示されたりすると、どうですか?
せっかくのやる気(意欲)がそがれたように感じたことはありませんか。

colum_20110420.gifお子さんの遊びの中で、ちょっと考えてください。

おもちゃで「ステッキさし」というものがあります。 白い穴のあいたボードに、きのこのようなステッキをさしていきます。 ステッキの大きさは、大きいもので右図のサイズですので、お口に入れてしまうことに注意しないといけませんが、つまんでさすことができたら、お子さんがこの遊びを始められる時です。

colum_20110420_1.jpg

はじめは入れ物に20個位で十分。全部自分でできたという『満足』が大事です。
ひたすらさして、ぬいて、またさす。夢中になる=とても『集中』しています。

colum_20110420_2.jpg     colum_20110420_3.jpg

だんだんと、色を選んだり、さす場所を考えたりするようになり、そして模様になっていきます。 "説明書のない、自由に自分で考える遊び"です。

お子さんがどうするか、大人は見ていてください。 できたことを喜び、決して上手な見本を示したり、指示したりしないでくださいね。 大人は、お子さんがやってみたいと思えるできそうなことを、楽しそうに遊んでみせてください。

『自由に遊ぶ』ということは、『自分で考える』ということです。

それが『意欲を高める』ことになっていきます。

何を読もう?

ある書店の2月の売上ベスト3を紹介します。

1位 『バムとケロのもりのこや』

島田ゆか作 / 文渓堂
バムとケロの人気シリーズの新刊

2位 『ダメ』

くすのきしげのり作 いもとようこ絵 / 佼成出版社
大好きなプリンをゆっくり食べたいりすくんと、手伝ってあげるといって食べてしまったくまくんのお話です。
なんと大阪弁です。

3位 『パンツのはきかた』

岸田今日子作 佐野洋子絵 / 福音館書店
ブタさんが頑張ってパンツをはく様子が、ゆっくりと描かれています。

~こんな本、みつけました~

『うさこちゃんとあかちゃん』

ディック・ブルーナ作絵 まつおかきょうこ訳 / 福音館書店
ある春の日、もうすぐお姉ちゃんになるうさこちゃんの、赤ちゃんを待つ気持ちが伝わる一冊です。

(本山 裕子)

ページの先頭へ

このページの先頭へ